Category [Germany ] 記事一覧

スポンサーサイト

ウィーン派≒幻想レアリスム

オーストリアでの日々はドイツとオーストリアの負ってきた歴史、宗教観、美意識アイデンティティーの決定的な違いを知ることになった。何を知り、どう理解し、其れを見つめるかは自分次第。現在は現在だけで成り立っているのでは無い。ましてはヨーロッパは2つの世界大戦前後、中性までも遡って見つめなければ全てを感じれない。芸術においての、オーストリアの美意識と無意識における内的パッションの強さを知った。厳格なカトリ...

ドレスデンどれすでん

ドレスデンのイメージは豊かな美しい街だった。だけど此処はかつて東ドイツだったのだ。そしてドレスデン大空襲を受けて全て消失した地・・・川を挟んで旧市街と新市街何十年も放置されてた廃墟を革命後以降から、芸術家達がカラフルに新たな街につくり上げてるの。アートコミュニティーがしっかりしてる。彼らは知っているんだ!!!芸術がココロを救ってくれることドレスデン大空襲については調べるほどに、胸が苦しくなる。ドイツ...

ライプツィッヒらいぷつぃっひ

東ドイツにあるLeipzig,,,ガラスの壁をこの街にみた気がした。ドレスデンともベルリンとも違う。とてつもないエナジーを感じた。かつて、ドイツの芸術、文化は此処から発信されていたのだ。戦争が全てを変えてしまった。。。知識人はアメリカに逃げ、街も芸術も退廃し・・・かつての其れはベルリンへと移行した。たくさんのコンプレックスと過去の栄光と伝統崇拝。人々が持つ、意地とプライドと反骨精神そして、平和への憧れに胸が...

ワイマールワイマール

ワイマールはびっくりする程、小さい村だった。ゲーテが気にいって半生を此処で過ごしたことに、フムフムとなる。静かでゆっくりした時間が流れている。だけども時間が止まってしまっている。古典主義を守るべく、つくりあげてる街並みにに一瞬のトキメキから息苦しさを知る。そしてルターの言葉が街を覆っている・・・閉鎖感と威圧感をもの凄く感じてしまう。だけどね、其処で生きている人々の良さにキュンっとしてしまったんだ。出...

ドイツのBio事情!?

オーストリア(チロル州)での日々はドイツとオーストリアの違いを知る事になった。BioFoodやEco意識に関しても・・・実はオーストリアの方が優れたBioFoodプロダクツがあるしオーストリアのSonnentor(Click)はドイツはもちろん近隣諸国のどのBioFoodのお店でも扱われてる私的にもヨーロッパNo1ブランド☆農業に関しても食文化にしても、意識が高いのではないかと思わされた。ドイツでも出回っている質の高いサスティナブル誌もオ...

ご案内

プロフィール

vegiban

Author:vegiban
1984年7月14日
フランス革命の日に大阪で生まれた
チャキチャキの食いしん坊!!!

パンとりんごとおいしい野菜が好き
でもでも、もっともっとおいしいを求めて、、、
アタイはガストロミーんの旅人になる

おいしい食卓を囲む事。。。
素敵な人に会いに行く事。。。

ココロが小さくならない様に。。。
人に優しくでける様に。。。

想像力がひろがる様に。。。

ミテ サワッテ カオッテ 
ソザイ ノ ハーモニーヲアジワッテ 
オイシイ カンドウ ノ コエ ヲ キイテ

ココロを豊かに育ててあげたい。。。

只今,ドイツ放浪中。。。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。