Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

encounter+Montreal

Montrealは穏やかなPlateauMont-Royalエリアの端、、、
Parc La Fontaineの側のアパートから始まった

駅にわざわざ歩いて向かえに来てくれた同い年の彼は英語のアクセントも完璧ケベックの子。
キレイに整えられた部屋や、仕草やジェントルマンぷりをみていて、、、
育ちの良さとプライドの高さを想う。。。
GetAttachment.jpg

そんな彼は橋を造るのが夢だという構造エンジニアの優秀なPHD学生。。。
来月から半年Parisに行くのだと忙しそうにしてた、、、
自由に旅をしてるあたいにちょっと嫉妬するよ、、、っと溢した。

今を必死にがんばっている野心とプライドを背負った彼に自分を想ってちょっとチクリ。。。
やけど、ただ生き方が違うのだとするりっ、、、

若い子(っといっても自分と同じ歳くらいの)のエネルギーに接するのもたまには良し、、、
ただ、生き方の価値観が違うと会話の中にふやや~んっと曖昧な間が生じる、、、

その間をのんのんっと浮遊する感を楽しめる様になっている今日この頃。。。
価値観が違うヒトの其れなりがおもしろくて、もっと色んなヒトに出会いたくなる。

このCouchSurfingは本来出会わない様な人と出会い
そんなヒトの生活の中に飛び込み、なんとも不思議な時間を交わす。。。

ひょいっと出会って、鍵を渡されて、、、
じゃっ、、、っと彼らは仕事に行く。。。

見ず知らずのヒトの部屋で彼らの生活の香りを感じながら其のヒトを想う時間を過ごす。

夕暮れのMont-Royal~Saint-Laurent,,,Mile endまでたくさんたくさん彼と歩いた。。。

大通りの狭間にある素敵な通りDulthStreetにはかわいい家が立ち並ぶ
コアなInternationalStreet,,,
Herb魔女さんのお店があったり、色んな国のレストランがちょこちょこっと並んでた。。。
IMG_7771.jpg

そして月明かりの下、LaFontaineParkの池の畔を散歩した彼との最後の夜。

2人目のホストは、、、
GayVillage(Click)を越えたあたりのコンドミニアムに住む
IMG_7845.jpg
42歳のメキシコ系移民の銀行マンやった。。。
無駄なモノがなく綺麗に整えられた部屋は快適やったけど
なんだか居心地の悪さを感じてしまった、、
IMG_7810.jpg
彼は車で迎えに来てくれたり優しかったけれども、
何だか其れらの彼の優しさに厭らしさを感じてしまって、、、
挨拶のホッペでチュッチュッやハグにもぞぞぞっと・・・
まっ是はスパニッシュ系やからに違いないっと、、、スルーして
あまり彼とは一緒の時間を過ごさない様に
GayVillageを毎夜徘徊して過ごした、、、
IMG_7866.jpg
にしてもGayVillageは凄すぎて、、、
こんなにカルチャーショック受けたの初めてくらいに、、、
ゲイバー、ゲイショップ、ゲイシアターのオンパレードで
パブのテラスに溢れるゲイカップルの様に、、、
IMG_7864.jpg
1kmくらい続くGayStreetは完全歩行者天国として守られてて、、、
此処はアタイ達の島よっと言わんばかりに、堂々とぷりぷりっお尻振って歩く彼ら
彼らのしなやかさに、なんやか恥ずかしくなってしまった。。。
IMG_7844.jpg
オンナノコよりもオンナラシク
オトコノコよりもオトコラシイ
人の目なんてお構いなしよっ、、、自由に楽しく強く美しく、、、
なんだかそんな彼らをとても羨ましく想ってしまった。。。
thCACAZHNG.jpg


3人目のホストはPlateauMont-Royalの北の北
Rosemontの近くの穏やかな住宅地に住むイタリア系のケベック人のおじさん
別れた恋人と買った古い家をコツコツと改築しながら1人で住んでる
毎夜チビチビとウィスキーを飲みながら眠りに就くちょっと寂しいそうな人やった
IMG_7950.jpg

自称ミュージシャンで、良くしゃべる陽気で一見ジェントルマンの彼
やけども、見ないテレビをつけていないと落ち着かない
車の運転は荒く、すぐイライラしてクラクションを鳴らし
タバコをよく吸う人だった。。。

寂しそうな彼を前に、、、
あたいは毎日ほっつき歩いて疲れて夜中に帰宅しては
少しだけ彼との時間を持つ様にした。

彼はあたいにたくさん質問をし、そしてたくさん話してきた。

旅の話し、夢の話、ケベックの話し、イタリアから移民してきた両親の話し
別れた恋人とあたいと同じ歳くらいの彼の3人の子供の話し、、、

ヒトはヒトの話しを聞きながら自分を想う
ヒトはヒトに話しをしながら、自分を想う

彼は手から離れてしまった娘を想う様に、、、
私は失ってた父親の面影を想う様に、、、

笑顔を交わしながら孤独に触れ合う感

そうしてヒトは誰かを誰かに転化して孤独を埋めてゆく

ヒトは誰かの孤独に触れた時に、、、
愛しいというキモチが生まれるのではないかしら。。。

なんて色んなヒトと刹那的な出会いを繰り返しながら
彼らの孤独に触れて想うのです。。。















スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vegiban

Author:vegiban
1984年7月14日
フランス革命の日に大阪で生まれた
チャキチャキの食いしん坊!!!

パンとりんごとおいしい野菜が好き
でもでも、もっともっとおいしいを求めて、、、
アタイはガストロミーんの旅人になる

おいしい食卓を囲む事。。。
素敵な人に会いに行く事。。。

ココロが小さくならない様に。。。
人に優しくでける様に。。。

想像力がひろがる様に。。。

ミテ サワッテ カオッテ 
ソザイ ノ ハーモニーヲアジワッテ 
オイシイ カンドウ ノ コエ ヲ キイテ

ココロを豊かに育ててあげたい。。。

只今,ドイツ放浪中。。。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。