Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Detoropia

今の日本の状況を想いながらデトロイトを思い出した。。。

旅路の中で出会うカナダ人もアメリカ人さえも、デトロイトは危ないし、何も無いよっと
口を揃えた。。。

だけど、この目で確かめてみないと分からないじゃないのっと、、、
ちょいっと通り過ぎる様に立ち寄った

早朝のデトロイトの街は穏やかな空気と清清しい空で迎えてくれた
IMG_8970.jpg

閑散とした工場地帯を重い荷物をゴロゴロひきずって市バス乗り場まで歩いた。
想像してたよりも穏やかな街じゃないかと思ったけれども、、、

それは人がいないということかと、、、物音がしないのは働く音がしていないということかと、、、
バスで街中を走りながら、静寂の中に傷跡を感じた。。。
そしてバスに乗り込んで来る人はだいたい黒人さんだった。。。

黒人さんといえど、色んなタイプの黒人さんがいる。
そして街に寄って人柄も随分と違う、、、

自分が持つ其れに対するImageは自分が持った経験になるの。。。
旅をしながら、北米のたくさんの街でバスに乗る機会を持った。

そうしてると其の街の人の様はバスに乗ってると想像できる様になった。

バスドライバーに交通の模様、乗り込んでくる客層に人々のやり取りやマナー、、、

デトロイトの黒人ドライバーさんはどの人も凄く優しくて親切だった
ちなみに今までのワーストはサンフランシスコ

黒人さんでぎゅうぎゅうの車内は切ない目をした人で溢れてたけれど、、、
人々は当たり前の様に年寄りや杖をついた人にすっと席を譲り、降りれない人の為に
ドライバーに向かってちょっと待ってと叫んであげたり、、、
助け合いの光景をたくさん目にした。
IMG_8987.jpg
激しい白黒差別や悲しい歴史を追って着た地だからかな・・・
人々は助け合う精神を持っているのだなと感じたの。。。
彼らは弱い、けど優しくて強い、、、
どれだけ先入観を捨てて、近づけるだろうかと思わされる。。。

肌の色の違いはやっぱり一瞬にして目に入ってくる違い故に、、、
異なるというイメージを抱かされてしまうのやけれども・・・

そして、やっぱりガラの悪い、荒々しい血の目が走る黒人さんを目にして来た故に
正直、初対面で一歩を仰け反ってしまうのだけれどね。。。

恐れずにできるだけ、笑顔を向けたいとも想う・・・


デトロイトはアメリカの経済崩壊の象徴の街。。。
たくさんの廃墟と郊外に逃げれず居残ってしまった黒人さんで溢れてる。。。

1970年代から今に至るまで解決策は今だに見つからずに衰退劇は続いてる、、、
原因は日本車の台頭によるモノであると、、、日本のバブル期が最強に最悪な時期だったそう

だけど今のデトロイトの現状は、日本のバブル崩壊後の低成長を思わされたよ。。。

私はこの街を訪れて、ただ流れる廃墟と穏やかな人をする~っと見つめただけやった
だけどもね、少しでも感じれただろうかなと思う、、、
訪れてみないと見えてこない事柄がある事を知る。。。

デトロイトの廃墟写真を撮っている素敵なフォトグラファー
Yves Marchand and Romain Meffre(Click)

朝、立ち寄った素敵なCoffee屋さん
GreatLakesCoffee(Click)
IMG_8969.jpg
朝の木漏れ日のさす素敵な空間で、デトロイトって中々良い街じゃない、、、
なんて思ったものだった・・・
其処にはお洒落な白人さんかお金を持ってそうな黒人さんしか居なかったなけどね
IMG_8971.jpg
Coffeeはドリップで丁寧に入れてくれるの、、、
お客さんもスタッフもとってもフレンドリーで
本当に素敵なCoffee屋さんやった。。。
IMG_8974.jpg
そんな、穏やかな風景があるのもホントウなんだ、、、
一握りのお金持ってる人の憩いの場なのかもしれないけれど・・・
IMG_8975.jpg

この街を訪れた1ヶ月後にシアトルでデトロイトについてのドキュメンタリー映画
DETROPIA(Click)に出会った。
IMG_9898.jpg

デトロイトのアメリカンドリームが開花してゆく様から、、、
どん底へ退廃してゆくまでの突き刺さるドキュメンタリー映像と黒人さんの嘆きと現実

今も必死に戦い続けてる黒人活動家の活動と想いと願いにただただ、
胸をギュンっとさせられた。。。

最も裕福な1%と残りの部分というモノの現実を痛い程、見せつけられ考えさせられる

映画が終わった後は拍手喝采だった。。。

私がこの映画の中で特に印象に残ったのが、黒人さんが抱いてる中国への嫌悪感だった
此れはデトロイトに住む黒人だけが抱いている嫌悪感ではないと旅をしながら想っている。

アメリカの白人が他国の移民に仕事を取られてゆくのを恐れているのと同様に、、、
アメリカの黒人は中国人に仕事を奪われてしまってる現実に怒りを覚えてるの、、、

大量生産業は中国やアジア諸国に流れてる、、、

デトロイトの現実はアメリカの現実で、、、
そして今の日本を思わずにもいられなくなる。。。

真実は現実を目にしないと知りきれない
真実は知ろうとしないと受け入れれない
イマ(現在)在る世界は如何に成せたか
この映画を日本の人が見てどれくらい受け入れられるか分からないけれど

アメリカの現実を知る事とは世界の現実を知る事と類似する、、、
21世紀の成れの果ては20世紀のアメリカが成したとは、、、言い切れないけれども
急成長から急転落、、、大崩壊と空虚さよ、、、

デトロイトの真実と世界の未来、、、

想像しきれないけれど、、、
考えてゆかないとよね、、、






















スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vegiban

Author:vegiban
1984年7月14日
フランス革命の日に大阪で生まれた
チャキチャキの食いしん坊!!!

パンとりんごとおいしい野菜が好き
でもでも、もっともっとおいしいを求めて、、、
アタイはガストロミーんの旅人になる

おいしい食卓を囲む事。。。
素敵な人に会いに行く事。。。

ココロが小さくならない様に。。。
人に優しくでける様に。。。

想像力がひろがる様に。。。

ミテ サワッテ カオッテ 
ソザイ ノ ハーモニーヲアジワッテ 
オイシイ カンドウ ノ コエ ヲ キイテ

ココロを豊かに育ててあげたい。。。

只今,ドイツ放浪中。。。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。