Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Alive Food×Rocket

ちんちくりん少女の弾丸北米一人旅・・・

そんな少女!?の2年半の妄想Tripの想いをごそっと放出する機会を
NewAliveFood!!!(Click)というイベントとして行うことになった。。。
GetAttachment.jpg

旅は2回とも10万円だけ握りしめて、知り合いもいない北米へと飛び込む弾丸旅をしました。
Wooffしたり、友達つくって、見知らぬヒトの部屋を転々としながら、、、
カナダとアメリカの西海岸をバスと電車で縦断した。

今年は全てカウチワーフィンで寝床を探し、グレイハウンドバスを使って、
北米を横断して、大都市を巡り五大湖をぐるっと放浪した。

この旅を始めたきっかけは色々あるけれど。。。

日本の社会とフードシステムに嫌気がさしたのと、、、
日本に流通してるOrganicFOodって何だ!?っと
この目で確かめる為に、、、
あと、HippieCulture全般に興味があってね、、、

家無し放浪生活を始めたのは26歳・・・もう2年半以上経とうとしてる。

放浪の旅は決して、楽ではないけれど。
たくさんの出会いの中から・・・違う世界をめくるめきながら、、、
調べれば調べるほどに、日本とアメリカの食流通事情や、食文化の価値観の違いなど
たくさんたくさんを知り、学び、考え、感じる旅になっている

ファッション業界に足を突っ込んでいた時に、
ファッション業界、芸能界、モデル、スタッフが食べている
ケータリングや仕出し弁当、お菓子やらに違和感を感じていた。
そして、それらの大半をが食べられずに廃棄されてゆく様にも。

こんな不健康な世界で生きてゆけぬ・・・っと学生の頃の夢を捨て
食の旅へと出ることにした。

でも、夢もお金も家も友達も家族も手放して、、、
この旅へと出る決心をつけるのに5年くらいかかったけどね。。。

マクロビオティックに出会ったのは高校生の時
当時、東心斎橋にあったリトルママンを見つけたのがきっかけ。
おばんざい、精進料理好きのあたいにとっては必然の出会い。

20歳の頃に生活周りのモノをオーガニックへとシフトチェンジし、
独学でマクロビオティックとRawFoodを学び始めた。

きっかけは、また色々あるのだけれど
睡眠不足とたくさんのプレッシャーと胃薬依存症になってた20歳の時に。
十二指腸潰瘍になったのが大きなきっかけではあるかな・・・

そのあと、映画配給会社のUPLINKのカフェとギャラリーで働きながら
目にしていた素晴らしいドキュメンタリー映画と
の当時のシェフの野菜愛に触れ、OrganicFarmer、エコファーム浅野のじいじに
出会ったことが、私のイマに多大な影響を与えてる。。。
アースディやらのエコイベントにも多く足を運び、出会っていたヒト、モノゴト。

そのあとは、マクロビのレストランや、OrganicCafeで働きながら、旅をしてた。

ベルギーを旅した時に、マクロビオティックの創始者、桜沢先生が始めて海外でマクロビオティックを
提唱した場所と知った、そしてフランスへと渡ったマクロビオティック。
パリで桜沢流のマクロビオティックに出会って、文化と意識力の違いから生まれる
フランス流マクロビオティックを目にし、異国でみる他国の食文化の変容ぶりにも興味を持った。
もっともっと見たい、知りたい、感じたいと想いが膨らむ度に飛び出して、、、イマ。

私がこの旅の中で学んだこと、知ったこと、感じてきたことはSo muchです。。。
そして話しただけでは伝えきれない。

Vegan,Vegetalian,Macrobiotic,Rawfood etc,,,の食文化の違いは
自分で実践しながら、体感してみないと理解を深めてはいけないと想う。
そして視野を広げて、イメージして意識を高めて、感じてゆかなければならぬと・・・

何故、人々はコレらの食文化を選ぶのか、、、

体の調子が良くなるからか、環境に配慮するためか、モノゴトの道理を知るためか、、、

何故OrganicFood、OrganicProductsを選ぶのかという価値観は
日本人と北米の人では随分違います。

其れは、食べ物への意識、環境への意識、危機感が違うからです。
日本は第2時世界大戦後にアメリカナイズされたまま、
其れが繁栄して止まることなく危険物を進化させ持続させ続けています。。。
(保存料、着色料、農薬検査、科学品投与の審査、表記の義務の基準がアメリカよりもはるかに
審査基準が甘く、曖昧だという現実。有機栽培品の審査基準もとても甘いです)

アメリカ人はJunkFood文化が主流なままだけれども、ベトナム戦争以降から急激に
危機を回避する為の配慮、新しい食文化、其れに対抗する運動がたくさん生まれ、行われています。
なんて、こんな話をしだしたら、私は止まらないのでこのへんにしておきますが・・・

私が今回、「NewAliveFood]というイベントを開催して人々に伝えたいことは、、、

ニンゲンは食べるモノ、身に着けるモノ、目にするモノでつくられてゆくということです

其れは日々感じるコト、思考するコトに繋がります。。。

内臓は食べたモノ、感じたモノゴトで変化し作られてゆく。。。

ストレスや病気というモノは其れらから得た老廃物の蓄積によって生まれます。。。
科学薬品でその症状を麻痺、緩和しても、根本を正さなければ、蔓延したままになる。
日本の医療制度、医薬品会社、メディアとの関係、策略アレコレも
アメリカナイズされたとこからきているのですが・・・

日本人の便利主義、新商品開発意欲と、対抗意識力、メディア至上主義が拍車を呼んでる現状です。。。
化学薬品を食べて、体調不良になり、科学薬品を飲み続けるという悪循環文化が滞っているのです

食を通して、体のメカニズムを知る行為
マクロビオティック食事法では其れらについてを学ぶことができます。

マクロビオティックとは食事法だけではなく無双原理
(万物は陰陽からなるという哲学論)を含む思想と世界平和論です。。。
何を信じるかは自分次第ですが中々おもしろいです。

ニンゲンは食べるモノ、身に着けるモノ、目にするモノでつくられてゆく・・・
其の人の表情、仕草、感情の起伏などは、その人が何を食べてるのか状況で大体知ることができる。

どんな生き方が幸せなのか、やっぱりまだまだわからないけれど、、、

食の大切さについて、食の未来について、、、
キモチイイ、ライフスタイル、フードカルチャーって何だろう。。。
なんて想像してみながら、色んなヒトと色んな知恵を共有しながら、学び感じあってゆける

そんな機会をつくれればなっと想っています。

私の想いを代弁してもらうべく、私の尊敬すべき友人たちを総動員してお送りします。
是非、体感しに来て下さい>>>
スポンサーサイト

Comment

twitterの… 

Ku5CB130
みんなのエッチなつぶやきを
覗き見!
http://JZG1RXBw.twittor.co/JZG1RXBw/

ありがとう! 

BANちゃん、お久しぶり!
チャナマサラです。
この度は、ものすごく素晴らしいイベントをありがとう!
ぜひ行きたいと思いました。
そして、BANちゃんのコメントに、深く共感します!
とても、嬉しいです!
  • posted by チャナマサラ 
  • URL 
  • 2013.03/18 21:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vegiban

Author:vegiban
1984年7月14日
フランス革命の日に大阪で生まれた
チャキチャキの食いしん坊!!!

パンとりんごとおいしい野菜が好き
でもでも、もっともっとおいしいを求めて、、、
アタイはガストロミーんの旅人になる

おいしい食卓を囲む事。。。
素敵な人に会いに行く事。。。

ココロが小さくならない様に。。。
人に優しくでける様に。。。

想像力がひろがる様に。。。

ミテ サワッテ カオッテ 
ソザイ ノ ハーモニーヲアジワッテ 
オイシイ カンドウ ノ コエ ヲ キイテ

ココロを豊かに育ててあげたい。。。

只今,ドイツ放浪中。。。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。