Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate×Encounter

どうやってヒトは出会うのだ・・・
どうやってヒトは繋がるのだ・・・

北米を走りまわった後、曇り空の続くカナダの島で帰国への憂鬱と
ノスタルジーに浮遊していた頃、、、
毎日、おなじみの常連さんが何かしら集いに来るハーブ魔女のCafeで彼と出会った。

それから、ふっとCafeで朝会っては、、、
森を歩き、海を望み、畑から野菜をつみ、料理し、知恵を共有しながら過ごした。

ドイツに憧れてたあたい、、、
ゲーテとシラーとシュタイナーに憧れて、ドイツ文化と芸術とバイオダイナミックの
おいしい食べ物を追い求め、、、
そしてはヴィムベンダースを追いかけて、、、

そんな旅がしたいのと、、、
彼にその理由を話したら彼は目をまんまるくして驚いていた。

彼はドイツ人でシラーが生まれた街の近くで育ち、、
お母さんはシュタイナー幼稚園の先生で、シュタイナー教育で育ち
お兄さんはドイツの環境都市と言われてるFreiburg(Click)でバイオダイナミック農場を経営していると
教えてくれた。。。

日本文化に興味があった彼、、、
そして私の知らない国々を旅してきていた彼、、、

ヒトとヒトとの距離が縮まる瞬間に出会った。。。

だけど、旅人の出会いは刹那的である。

私はいつも別れを目の前にヒトと出会う。
だからか、出会うというコト、其の瞬間や時間に対して俯瞰して見る様になっている。

すぐに別れてしまうけれど、、、惹かれたヒトの中に入り込みたい、、、

彼には10年連れ添ってるシュタイナー育ちの彼女がいた。
もう家族の様なソウルメイトの様な存在でずっと一緒に生活し、旅をしてきたと、、、

だけども彼女の母親が病の床に臥しドイツに戻ってしまい、、、
彼は初めての孤独と喪失感を抱え立っていた。

溜め込んでいた孤独は、ヒトに触れて流れ落ちる。。。

其の日が来るまでと、、、美しい時間を築き、、、
別れたら、思い出を美化しては、時々其れに浸ろうかと思った。

ヒトと別れる時、もう再会しない方がいいだろうと想う、、、
また違う出会いが、、、違う世界に出会えるだろうと未来に期待してゆきたい、、、

彼と島で別れた後、1ヵ月で戻って来る約束をした。
だけども、空港に向かえに来てくれた彼とカナダで再会することはなかった。

哀しくも、私がカナダに入国できずに強制送還になった理由は、
彼が審査官からの電話対応で、私の為に良かれと嘘を吐いたことだった。

彼に再会できず、カナダへ入国できず、往復チケットも失った私の運命を想った。

喪失感と失望感は逃避への底力を生み出す、、、
絶望へ浸る間を作らせぬとドイツへの夢を実現に仕向けた。

彼との出会いとハプニングは多大な喪失感を私に与えたけれども、
早くもドイツへ導いてくれたと、今も不思議で仕方なく思う。

そして彼の育った家を訪ね、彼のお母さんとシュタイナー幼稚園に行き
シラーを訪ね、彼の育ちを想った。。。

どうして私は此処にいるのだ、、、

そして彼と彼女が住む地へ向かうことになった。
南ドイツの聞いたこともない地名の場所を訪れる気にならなかったのだけど・・・
彼に誘われるままに、、、

其処は彼女が育ったシュタイナーコミューンの村だった。
果てしないグリーンとブルーの空に抱かれた小さな美しい村

此処で育った彼女と家族に出会い
適わないなと思い知らされた、、、

どうしても、どうしても適わないのです。
良き環境で育った美しいヒトに、、、

2週間前に彼女のお母さんはこの世を去りました。
そんな彼らの哀しみに触れながら、彼らと奇妙な共同生活を過ごした。。。

彼は彼女に私との時間を話しました。
私は静かに彼女を見守りました。
彼は後悔と真実の愛に出会いました。

私達は現実を受け入れあうことを学びました。

人生の歯車が時に狂うというコト、、、
違う時間を過ごしていた事実、、、
だけど、今彼らは一緒にいる

ヒトとヒトの絆を見せ付けられて
私はまた孤独を知りました。
10年の年月で培った絆に如何にして入り込めましょう・・・

私は笑顔を守りました。
星降る夜空を見上げて涙を飲みました。
いつも想いだけが宙を舞う、、、

私はこんなにも美しい場所に出会えたことに感謝したいと思わされました。

彼のことが好きだったのだろうか・・・
孤独を知り哀しかったのだろうか・・・
誰かの1番になれぬ無念さだろうか・・・

私はいつも2つの愛に揺れるヒトの狭間に立つ。
そしてそれを笑顔で解し、もう1人が泣き縋るのを見やるのである。

1人のヒトに決めきれない愚かな心を愛おしくも想う、、、

そして私はまた独りで歩き出す、、、




























スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vegiban

Author:vegiban
1984年7月14日
フランス革命の日に大阪で生まれた
チャキチャキの食いしん坊!!!

パンとりんごとおいしい野菜が好き
でもでも、もっともっとおいしいを求めて、、、
アタイはガストロミーんの旅人になる

おいしい食卓を囲む事。。。
素敵な人に会いに行く事。。。

ココロが小さくならない様に。。。
人に優しくでける様に。。。

想像力がひろがる様に。。。

ミテ サワッテ カオッテ 
ソザイ ノ ハーモニーヲアジワッテ 
オイシイ カンドウ ノ コエ ヲ キイテ

ココロを豊かに育ててあげたい。。。

只今,ドイツ放浪中。。。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。