Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレスデンどれすでん

ドレスデンのイメージは豊かな美しい街だった。
だけど此処はかつて東ドイツだったのだ。
そしてドレスデン大空襲を受けて全て消失した地・・・

川を挟んで旧市街と新市街

何十年も放置されてた廃墟を革命後以降から、
芸術家達がカラフルに新たな街につくり上げてるの。
アートコミュニティーがしっかりしてる。
彼らは知っているんだ!!!芸術がココロを救ってくれること

ドレスデン大空襲については調べるほどに、胸が苦しくなる。
ドイツを調べ歩いていて痛感したのだけど、世界ではドイツ=ヒトラーにて
残虐的で最悪なドイツ!!!というイメージがついて回っているけれど。

ドイツが戦争中に受けた被害も壮絶的なモノだったのだ。
イギリスの残忍さよ・・・

さておき、、、
ドレスデンのNeuStadtエリアを歩いてると本当にじぃぃぃんっとくるんです。
子供の為の環境がたくさんあるの。公園ひとつにしても、学校にしても、、、
音楽とアート教室もたくさん。
それは、
Erich Kästner(Click)の影響が大きいのだと想わされた。

彼がこの地の人々にとって、すぺしゃるなのは、、、
2つの世界大戦に行き、東ドイツにいながらも、亡命せず。
反ナチスを貫き、執筆し続けたこと。。。

自分が危険にさらされても、芯を貫き、人々に勇気と希望を与え続けたの
だから、彼はドレスデンの英雄だし、児童文学の英雄でもある。

そんな彼と生きた人々は後世の子供たちの為に街つくりをしている。

本当にたくさんの素晴らしいコミュニティーを見つけたのです。

そして、穏やかでピースフルなだけれはない、東ドイツ的な反骨感もある。
芸術とジャーナリズムの意識も高い。

ドレスデンはかつて、ライプツィッヒ、ベルリンと並ぶ芸術の発信地だった、、、
Otto Dix(Click)や今や世界的に有名になったGerhard Richter(Click)も
ドレスデン芸術アカデミーから出たのだ。

雄大なエルベ川が人々の流れをたゆたわせる。

生きること、食べること、芸術に身を寄せること、隣人と繋がること
其れを想って生きているヒトがたくさんいる街であると感じたDresden....

すごく好きな街だった。。。


Dresdenの写真アルバム(Click)




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vegiban

Author:vegiban
1984年7月14日
フランス革命の日に大阪で生まれた
チャキチャキの食いしん坊!!!

パンとりんごとおいしい野菜が好き
でもでも、もっともっとおいしいを求めて、、、
アタイはガストロミーんの旅人になる

おいしい食卓を囲む事。。。
素敵な人に会いに行く事。。。

ココロが小さくならない様に。。。
人に優しくでける様に。。。

想像力がひろがる様に。。。

ミテ サワッテ カオッテ 
ソザイ ノ ハーモニーヲアジワッテ 
オイシイ カンドウ ノ コエ ヲ キイテ

ココロを豊かに育ててあげたい。。。

只今,ドイツ放浪中。。。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。