Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインとチョコとArbois

今、思い返してみても、、、
やっぱり何だか夢を見ていた様なのです。。。

あたいどうしてArboisに呼ばれたんだろう・・・
フランスに行くことになるなんて、全くもって予想もしていなかった。

きっかけは雑誌の取材でもあったのだけど・・・

オーストリアの雪山で働いていた私。
オーナーに無理を言って休みをもらい、ばびゅーんっといつもの様に
突撃旅の準備を整えた。

其処へ行く為のチケットを購入してしまえば、もう行くしかなくなる!!!
頭をフランスはジュラ地方への妄想で固めて。。。

旅へのきっかけをつくるのも、旅へ行かせる様に仕向けるもの
結局は自分次第なのである。

そして、知り合いもいない、今まで聞いたことも無かったフランスの田舎街へと走った。

旅をしていると、出逢うことの意味を考えさせられる瞬間に幾度も遭遇する。

其処に行くことも、其の人に出会う事も、いつとなく決まっていて
引き寄せられる様に結びつくのだ。

途中で引き起こるハプニングで生じたズレにまた組み込まれてくる出逢い。

旅しながら、運命のパズルを繋げ広げてゆく感が楽しくなってきたこの頃。

Arbois(アルボア)では、もの凄くいい出会いがあって、CouchSurfingでみつけた
ホスト君が100年以上続く老舗ショコラティエHirsinger(Click)のオーナーと仲良しで工房を覗かせてもらい、
できたてホヤホヤのチョコやお菓子をたらふく食べさせてもらうことができた。
ピュアっと薫るアロマティックな宝石達を感じながら、この地を想ったのです。

この地だからこそ生まれるセンスと味、季節毎に地元で採れる旬のモノでフレーバーをつくるの。
絶妙フレーバーミックスの数々に口の中はパラダイスだった。。。

そして、フランス、世界に名だたるアルボアワインの生産者達にも会いに行くことができた。

小さな小さな村の様な街だけれども、其処に生きてる人達の生活観を見つめながら
フランスの古き良き、有機的な暮らし方を想った。

Arboisにある小さなビストロカフェBistrot des Clouquets(Click)
ココは地元のヒトが毎日フラッと立ち寄る憩いの場。Arboisワインの品揃え1番!!!
ワイナリーや畑で働くヒトも少し遠くから車でやってくる。
Bioとはうたってないけど、使ってる食材は地元で採れたBioのモノがほとんど

Bioなんてわざわざうたわなくても、Bioであることが当たり前だった時代から
変わらない食卓。。。

有機的であることがあたりまえなのである。

街の人々が食卓の上で、其処で採れたモノで繋がってゆくこと、、、
恵みのワインと緩やかに笑みをこぼしあい日々働いてゆくこと、、、

地球の上で生きるとはどうゆうことなのでしょうか・・・

そんなことを、たくさんたくさん考えさせられたArboisでの出逢い


Arboisの写真アルバム(Click)

Arboisは想うことがあり過ぎて、、、Blogじゃ収まらないので
写真アルバムの写真に逐一、日記をつけています。
もし、興味があった方は、写真アルバム1枚ずつ覗いてください。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

vegiban

Author:vegiban
1984年7月14日
フランス革命の日に大阪で生まれた
チャキチャキの食いしん坊!!!

パンとりんごとおいしい野菜が好き
でもでも、もっともっとおいしいを求めて、、、
アタイはガストロミーんの旅人になる

おいしい食卓を囲む事。。。
素敵な人に会いに行く事。。。

ココロが小さくならない様に。。。
人に優しくでける様に。。。

想像力がひろがる様に。。。

ミテ サワッテ カオッテ 
ソザイ ノ ハーモニーヲアジワッテ 
オイシイ カンドウ ノ コエ ヲ キイテ

ココロを豊かに育ててあげたい。。。

只今,ドイツ放浪中。。。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。